12月
09

介護事務をして訪問介護員になりたい

By · Comments コメントは受け付けていません。

私はすごく介護事務に興味を持っています。年をとったら介護されればありがたいと思いました。年を取った時に病気になって熱もかなり出たらどうしようもできません。不安になっていたところを訪問介護員の方がやさしくしてくれれば安心できます。笑顔で大丈夫ですよって背中をさすってくれたりしたのがすごく心強く感じると思うのです。すごく不安に思っている時に訪問介護員の優しい声がをかけてもらうと安心できます。子供の時だけでなく大人になってでもそう感じることがあるのです。私よりも年下の介護員の方が大丈夫ですかって声をかけてくれても年をとったらありがたいと思います。母親のようにあたたかく感じることができるのだと思います。
こういうことはすごく大事なことだと思いました。年をとれば病院にいけなくなるようなことになると思います。その時には訪問をしてもらうと安心できると思います。家で動くこともできなかったりすることも出てくるかもしれません。年をとればどうなるのかわかりません。そして自分も親の面倒を見たりしないといけなくなると思います。そんな時に世話をすることができればいいなって思います。そのためにも介護事務を覚えてみたいと思ったのです。これから必要とされることだから仕事もいっぱいになると思います。そういう仕事を頑張ってやっていきたいと思いました。お年寄りの方が安心して生活できる手助けをできるといいなって思いました。そういう仕事をしてみたいです。

Comments コメントは受け付けていません。
11月
09

介護事務と訪問介護員のやりがい

By · Comments コメントは受け付けていません。

高齢化する社会に、きっと役に立つであろうと、私はホームヘルパーの資格を持っています。筆記や実技試験なしで、実習とレポート提出のみで資格が取れるこというのも、魅力的でした。実際に病院やデイケア、訪問介護員としての実技もありましたが、とても、貴重な体験ができたと思います。ご家族に要介護の方や、高齢者の方がいらっしゃらない場合、「介護」と言うと思い込みばかりが先行してしまい、ただ、重労働だと思ってしまうのかもしれません。要介護の方を抱えるご家族の方にとっては、訪問介護員はとても心強いパートナーになりえます。そして訪問介護員として働くことに対しては、そのご家族のプライベートに踏み込んでしまうのですから、短い実習の期間でさえ、大変なこともありました。しかし、その分、ご家族、要介護者の方に笑顔を見せてもらえた時は、何事にも変えがたい、喜びとやりがいを感じました。そして、要介護者とご家族を支える、もう一つの大切な仕事のは介護事務です。
介護事務というと、一見、事務仕事のなので体力勝負でもないし、気楽に始められると思いがちです。実際に、介護に馴染みのない方だと、いきなり、ホームヘルパーの資格をとって、訪問介護員として働くより、介護事務から始められたほうが、様子見としては良いでしょう。はやり、こちらも、要介護者とご家族を支える、人と人とが向き合う大変な仕事のです。ホームヘルパーの資格取得するために通ったスクールで、すでに介護事務として働いている方と出会いました。その方は、介護事務の仕事のは体力勝負ではないけれど、デイケアや訪問介護員の利用料の徴収には気を重くすると。介護が必要だけれど、お金はない。そんなご家庭に、催促の電話をしなければならない。介護事務も訪問介護員も、人と人、向き合いお互いを尊重しなければできない仕事です。そんな大変な仕事なので、介護業界は人手不足に悩まされています。人を支えることができる素晴らしい仕事なので、広くたくさんの思いやりある方にこの仕事を知って欲しいです。

Comments コメントは受け付けていません。
10月
09

介護事務や訪問介護員などの現場

By · Comments コメントは受け付けていません。

近年の日本の高齢化社会で切っても切れない問題が「介護」の問題でしょう。今後も高齢化が進んで来れば介護はより深刻な問題となってきます。介護に携わる資格や仕事の内容も様々な形があります。施設の入居者を介護する人もいれば、自宅を訪問して身の回りの世話を行う訪問介護員の人など…介護保険の請求を行う介護事務や介護計画を立てるケアマネージャーなどいろんな資格があります。一般的には訪問介護員になろうと思えば、ホームヘルパーを取得することによってなれますね。訪問介護では利用者の自宅に訪ねて食事の準備や洗濯・掃除など行う生活介護や排泄や清拭など行ったりする身体介護などあります。
利用者の介護計画を立てるのがケアマネジャーで施設やヘルパーステーションなどでいろいろな事務作業を行ったり家族とのやりとりを行ったりし統括していくのが社会福祉士であったり介護福祉士であったり…介護保険の請求を行うのを目的とした介護事務などの資格もあったりします。しかし実際の介護保険の請求はケアマネージャーが行ったり介護福祉士が行ったりするのが現状のようです。つい先日の介護保険の改定で訪問介護員の方は時間的に削られてまた一段と大変になったようです。自分も訪問介護の研修にいったことありますが、実際は結構移動などにも時間をとられたり、現場でも時間が必要となります。利用者さんも話し相手が欲しいと感じている人もたくさんいました。そこで時間的に制限をしてしまうと訪問介護員の人の負担はさらに大きく、ただ「仕事をこなす」だけになってしまう恐れがあります。そうなると人としての介護の本質が見えにくくなったりもします。
保険の予算も足りなくなってきているのも現実ですが、もっとムダを無くして本当に必要なトコロに予算をまわして欲しいと思いますね。

Comments コメントは受け付けていません。
9月
09

介護事務の中で、家へ行くという訪問介護員がある

By · Comments コメントは受け付けていません。

この介護事務では、介護事業をやるにあたって必要な介護報酬請求業務を行います。その中で、訪問介護員という職業があります。この訪問介護員は、介護を要する人の家へ行って、業務を行うのです。その業務は、寝たきり老人の介護や世話などをしたりします。例えば、その老人が寝たきりのばわいには、体を拭いたり、食事を与えたりします。更に、その老人の部屋の掃除から来ているもの洗濯などをしたりもします。食事は、その老人が食べ易いようにしてからあげますし、アレルギーや栄養管理などもするのです。話し相手やリハビリの応援などもします。孤独な人の多く、その人の心と体のケアもになうのです。コミュニケーションを必要とする職業なのです。
その介護事務での訪問介護員は、定期的にその老人の家へ行って介護をします。一日から毎日の決まった時間へその家へ行きます。契約の時に、その人と話して決めるのです。時間通りに行き、その老人が使った部分を綺麗に片ずけるのです。更に、その人の健康状態なども見ます。体温を測ったり、血圧を測り記入したりもします。更に、その健康状態などを報告したりもします。近況を確認し、より性格に伝えるのです。次に必要な用品は何か、体のどこが悪いか、生活環境などをいち早く確かめて伝える。とても重要な役目の仕事なのです。比較的に年配の女性が働いています。四十代から六十代の女性が働いているばわいが多いのです。人を助けると言う素敵な仕事なのです。

Comments コメントは受け付けていません。
8月
09

訪問介護員介護事務で請求

By · Comments コメントは受け付けていません。

訪問介護員にお世話になっているお年寄りや障害を持っている人がたくさんいます。まさかここ迄高齢者の方達が増えるとは思ってもみませんでした。それは私たちが高齢者になったらもっと増えると思っています。まさにその現実が今降り掛かって来ているので無視する事は出来ません。私の母もそうなりました。現に彼女は脳梗塞になり今お世話になっています。当然それをしてもらう為には介護事務も連携して動いているのです。多くの方がいるのでかなり大変だと思うかも分かりませんがもちろん専用のソフトが入っているパソコンがあるので間違えないように入力したらいいだけです。それなりに大変な仕事だとは思いますがこれだけ介護される人が増えて来たら請求しなければなりませんので絶対に必要な仕事なのです。もしその仕事に興味があれば学校で勉強したらいいと思います。その技術を持っていたらもしかしたら何か仕事が見つかる可能精もあります。考えて下さい。
私も一時期ヘルパーの仕事についていた事があります。会社に行ったら年をとっている人が事務についていました。彼はいちから学んだのかどうかは分かりませんが事務所内で仕事をやっていました。私はその近くに住んでいる人の家に料理を作りに行っていたのです。彼は軽い知的障害を持っているらしいのですが私はそうは思えませんでした。それくらいしっかりしていたからです。彼自身以前お寿司屋さんで働いていた事があるのでそれなりに料理は出来ると言っていました。それでしたら私のようなヘルパーはあまりいらないと思いましたが行くように言われたのです。それも毎日ではなく週に二回だけでした。それなりに献立を考えて作っていたのです。もちろん本人に何が食べたいのかは聞きました。そして必ず冷蔵庫の中身をチェックしたのです。今度くる前に何か買物があれば頼んでおきました。するときちんとやっていてくれたのです。そう言う事を請求する事務です。

Comments コメントは受け付けていません。